comecomediary

不妊治療ときどき日常

写真で振り返る プチトリップ

9月はGO TOトラベルを利用してお出かけをしました。

 

【感染予防を行い】

【車で1時間程の場所で】

【好きなホテルや気になる宿でお泊まりする】

をテーマに、今回は観光ではなく美味しいものを食べる目的で行きました。それでは写真で振り返りまーす!

 

f:id:comecomecome206:20201003121042j:image

浴室から見たお部屋。浴室に窓があるって粋だねー!(恥ずかしいから閉めたけど)オーシャンビューが気持ち良かった。

 

f:id:comecomecome206:20201003121322j:image

プリプリ伊勢海老。もう言葉はいらないよね。うん。

 

f:id:comecomecome206:20201003121445j:image

トロンな中トロ。こちらも言葉はいらない。YEAH。

 

f:id:comecomecome206:20201003121559j:image

のんびりとした時間が流れております。

 

f:id:comecomecome206:20201003121802j:image

朝食はお外でいただきました。中々な贅沢時間。南国みたいやなーって浮かれながら撮影。

 

f:id:comecomecome206:20201003121940j:image

くぅーー!!和風で可愛いぜ!

 

f:id:comecomecome206:20201003122039j:image

ハロウィン仕様の創作料理。こちらも可愛い。

 

 

とってもリフレッシュ出来ました!

今までの旅行って割とアクティブに動きたい派だったけど、こうやって美味しいもの食べて、お部屋でゆっくりして、景色に触れて、のんびりと過ごす旅行も好きだなって思いました。

リフレッシュって大事ですよね。今回は仕事の合間に行きましたが、上手く時間を使えば、こうやって旅に行けることが分かったのも良かったです。

転院しました!

久しぶりにブログを開きました。

更新をしていない間は楽しいこともありつつ、心に余裕がなかったり…今月はボチボチと更新していこうと思います!(とりあえず宣言しとく!)

 

 

転院を決めて、約1ヶ月後には新しいクリニックでの不妊治療が始まりました。

 

転院先の決め手をまとめてみました。

・採卵を自然周期で行っているところ

・前のクリニックでの検査結果を持参すれば、再検査の必要はないところ

・自宅から通えるところ

・土日祝も診察しているところ

 

転院後はすぐに不妊治療を始めることが出来ました。前のクリニックでの検査結果を持参して、不足の検査は近所の内科で行ったものを持参でOKだったので有り難かったです。

こちらのクリニックでは約3ヶ月間お世話になり、採卵を2回、IVF・ICSIを2回しました。

治療法も前のクリニックとは違い、身体の負担も軽減されたような気がして、転院して良かったと今でも思います。妊娠には至りませんでしたが、結果も前のクリニックと比べると良かったです!!!

土日祝も診察してくれるので、体調に無理なく治療が出来たところも本当に良かった。仕事の段取りもとりやすーい。スタッフの方達も優しいねん!

こちらも徐々にまとめていきますね!

転院に向けて

タイミング法5回→AIH3回→ IVF・ICSIを行い、10ヶ月が経ちました。ここまでの不妊治療はうつのみやレディースクリニックでお世話になりました。

 

ここで転院を決めました!!!

 

転院の理由はいくつかあります。(※あくまでも私達夫婦の考えです)

・低AMHでアンタゴニスト法でも採卵できたのは3つ。あまり効果がないのでは?

・アンタゴニスト法での薬の副作用なのか、鼻水が大量発生して体調を崩した。

・胚グレードの結果説明がなかった。(紙と写真を渡されたのみ)

他にもあるけどこれくらいにしとこう。

 

転院を決めましたが、スタートがうつのみやレディースクリニックで私達は良かったなと思います。

 

良かったなと思う理由もまとめてみました。

・初回の検査は夫婦揃って行うことが決まっていたところ

・検査項目も多く、初期の頃に卵管造影検査、子宮鏡検査が済んでいたところ

IVF・ICSIを初期の頃から勧めてくれたところ

・無理に勧めるのではなく、私達が納得したうえで治療をしてくれたところ

 

不妊治療を始めた頃は、IVF・ICSIの知識もあまりなくて、まさか自分がするとは思ってもみませんでした。先生が初期の頃からIVF・ICSIを勧めてくれましたが、中々飛び込むことが出来ませんでした。タイミング法やAIHを重ねても上手くいかず、【やっぱり先生が勧めるには理由がある】と少しずつ私達の中で意識が変わってきました。

新鮮胚移植の結果が陰性で、IVF・ICSIをしても妊娠出来なかった現実にぶつかりましたが、夫との【今までの治療の振り返り】を話し合い、私達なりに色々と調べて、自然周期で採卵をしてみたい!と思うようになり、転院に向けてのクリニック探しが始まりました!

 

助成金の話【特定不妊治療費助成①】

私の住む地域では、【一般不妊治療費等助成】と【特定不妊治療費助成】の助成金があります。

 

今回は【特定不妊治療費助成】をまとめてみました。【一般不妊治療費等助成】のこともまとめていますので、よろしければご覧下さい。

 

comecomecome206.hatenablog.com

 

 

【特定不妊治療費助成】は、

体外受精及び顕微授精に係る治療費が対象になります。

 

・新鮮胚移植

・凍結胚移植

・体調不良など移植のめどが立たず治療終了
・受精できない又は胚の分割停止等により中止

上記の治療であれば、1回の治療につき25万円を限度額としていますが、初回申請に限り30万円を限度額として助成されます。

 

・凍結した胚を解凍して胚移植

・採卵したが卵が得られないので中止

・採卵したが状態のよい卵が得られないので中止
・男性不妊治療

 

上記の治療であれば、1回の治療につき7万5千円を限度額として助成されます。

 

 

対象となるのは、

・市内に住民票があること

・法律上の婚姻をしている夫婦

・夫婦の前年所得が730万円未満であること

 

私は40歳未満になるので、43歳になるまでに通算6回まで年間制限なしで申請が出来るようです。

新鮮胚移植を終えて申請を行いました。ざっと計算すると約50万円の治療費が掛かっていました…思ってた以上に大きい金額。よくテレビで【体外受精1回あたり30万円】って見るけど絶対足りないよね。

 

通算6回ってなると、2人目希望の場合だとあっという間に終わってしまうねぇ。

申請する時も限度額を考えて申請しないと損だよねぇ。

カード引き落とし額を知ってビックリするよねぇ。

 

おっと…心の声が漏れました。

 

f:id:comecomecome206:20200909162831j:image

 

菅さん、期待しております!!!

 

f:id:comecomecome206:20200909162844j:image

大きくて優しい夫

新鮮胚移植の結果が陰性と分かった日、昼間からお酒を飲みました…

や け 酒 で す(^ω^)

 

私が思っていた以上にショックが大きく、私自身ではそのショックを受け止めることが出来ませんでした。涙が止まらなくて一日中大号泣です。

体外受精をすれば妊娠出来る】

体外受精をしても必ず妊娠することはない】

【もう私は妊娠出来ないのかもしれない】

【今までの薬漬けな日々は何だったんだろう】

採卵までの自己注射が不安だったこと、薬の副作用なのか体調が崩れたこと、陰性という悲しさ、妊娠というプレッシャー、気付かぬうちにストレスがたまっていたのでしょうか。増々お酒が進みます。※ちなみにやけ酒は生まれて初めてです。

 

お酒→号泣→お酒→号泣の繰り返し…

挙句の果てには、疲れ切って爆睡。そして号泣。

 

晩になり仕事を終えた夫が帰宅しました。

夫にも陰性だったことを電話で伝えていました。電話越しではとてもショックそうでしたが、私の荒れ狂った姿に驚いたのか優しく接してくれてました。

 

「まだ治療も始まったばっかりやし気楽に構えて頑張ろう!頑張ってたら妊娠する可能性も増えるから!な!」

この日、夫と一緒に食べたお寿司は一生忘れません。

 

不妊治療って、女性側の負担が大きいですよね。

夫は普段から基礎体温の記録、サプリの管理や購入、自己注射の確認などナチュラルにする人です。些細なことかもしれませんが、私はとても嬉しかったです。治療を頑張れたのは夫の優しさと夫への気持ち、夫婦共に子どもを望んでいること。改めて足並みが揃っているなと感じます。悲しくても痛くても夫が隣に居てくれることで、また頑張れます。夫らぶ❤️

新鮮胚移植と陰性①【アンタゴニスト法】

まず結果から先に申します。

 

採卵数 3個

IVF体外受精】1個 異常受精

ICSI【顕微受精】2個 受精確認

→1個は移植で使い、1個は育たず凍結出来ず

 

IVF体外受精】は、体外に取り出した卵子精子を自然に受精させる方法

ICSI【顕微受精】は、卵子に細いガラス管で精子を注入して受精させる方法

 

移植法 新鮮胚移植

【移植】は、発達した胚を子宮に戻すこと

【新鮮胚移植】とは、採卵周期に培養した胚を移植する方法

【凍結胚移植】とは、採卵周期に採れた胚を凍結し、次週期以降に融解し移植する方法

 

結果 陰性 

 

 

採卵から3日後に移植となりました。

クリニックから「予定時間の3時間前から尿だめをして下さい」との指示がありました。理由は【子宮の位置が見やすくなり卵をいい位置に移植出来るから】とのこと。

割と尿は溜まりやすい派ですが、トイレに行けないって思えば思う程行きたくなる…(私だけ?)

ガクガクブルブル(´;ω;`)

 

採血と注射(HCGモチダ筋注用5000単位、プロゲデポー筋注125mg)を済ませます。

 

移植前に先生から採卵結果の用紙と写真を受け取りました。

 

いよいよ移植です!

胚移植は子宮内に細いカテーテルを通し、受精卵と極少量の培養液注入をします。

移植中は子宮内がモニターに写り移植の様子を見ることが出来ます。「胚見えましたか?」なんて声を掛けて頂きましたが、見る余裕なんてねー!

当日はシャワー浴の指示があり、他にも判定日までの12日間はクリニックから多くの指示がありました。

 

飲酒喫煙禁止

乗り物長時間禁止

ウォーキングを含むスポーツ全般禁止

イベント・屋外活動禁止(移植前日にLIVEに行けて良かった)

旅行は控える

重いものをもたない(夫よ!頼むぜよ!)

温泉・銭湯禁止

タイミング禁止(夫よ!タイミング祭りは延期じゃ!)

薬やサプリ禁止(葉酸はOK)

 

お薬もしっかりありまーす!

【ウトロゲスタン膣座薬】1日2回

プロゲステロンの補充

この膣座薬が中々大変でした。忘れずに補充すること、おりものシートがないと大変なことになります。

エストラーナ貼り薬】1日置きに張り替え

エストロゲンの補充

下腹部や腰辺りに場所を変えて貼ります。

 

移植後7日目はプロゲデポー筋注125mgを打ってもらいにクリニックへ。

 

移植後12日目…陰性の結果となりました。この日はDHEAと言うサプリを教えてもらい、購入して帰りました。

 

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

採卵当日①【アンタゴニスト法】

【採卵当日】

夫は精液の準備!

私は化粧、マニキュア、コンタクト、アクセサリーが禁止だったので、洗顔、歯みがきをして身支度完了!起床時は絶食(少量の水、お茶は可でした)

 

車の運転も禁止だったので夫が運転手です。

私の持ち物は基礎体温表、診察券、生理用ショーツ、ナプキン。

夫の精液も大事に持って夫婦で出発!

 

クリニック到着。

夫は精液の結果が出るまで待機。結果は異常なしだったので帰宅。(お仕事いってらっしゃーい)もし異常があればクリニックで再度採精の予定でした。

私は基礎体温表と診察券を渡して、下着を全部脱いで術衣に着替えます。靴下は可だったので履いてました。

 

持参していた生理用ショーツにナプキンを付けて看護師さんに渡します。いよいよ手術室のようなところへ…(ドキドキバクバク)

室内は薄暗くて更に緊張感が増しました。名前と生年月日を確認。

 

採卵では、【長い針を腟から刺し、排卵前の卵胞から卵胞液を吸引して卵子を回収します】

お股から針を刺す…絶対に痛いやん…

採卵前には鎮痛剤がよく効くように筋肉注射、痛み止めの静脈麻酔、局部麻酔を行いました。ジワ〜っと麻酔が効いているのが分かります。

 

採卵開始。先生登場。

痛い!我慢は出来るけど痛い!麻酔効いてこの痛さって大丈夫なん?

お股や太ももに力が入っているようで「力を抜いて下さい。」と終始言われました。5分くらいで終了。終了すると採卵前に渡したショーツを看護師さんが履かせてくれました。

 

1時間程ベッドで休憩をして、看護師さんから「受精しなければ連絡をしますが、特に問題無ければ予定通りに胚移植を行いますので指定の時間に来て下さい。」と紙を一枚受け取り、今日は必ず安静、入浴、シャワー不可との指示がありました。そして帰宅。

 

帰りは母に迎えに来てもらって、そのまま実家で一泊しました。母は不妊治療を始めたきっかけをくれた人。今でも色々と助けられてます。

結婚して初めての実家でお泊まり。身体はしんどいものの、精神は安定して過ごせました。両親に感謝!!